2005年10月22日

隣の部屋にいたものは・・・

 
【これは実話です】


それは2年前の大晦日も迫った、ある暮れの日の出来事でした。


当時、夜勤のアルバイトをしていた僕は

その日も昼過ぎまで寝ていたのですが、

隣の両親の部屋から

ガタガタゴトゴト、ガタガタゴトゴト

と、ひっきりなしに物音が聞こえ

目を覚ましてしまいました。




その日は年末だったので、

『ああ、お袋が大掃除でも始めたのかな』

と僕は思いました。


「人が寝てるのに、うるさいじゃないか」


そんな文句を言おうかとも思ったのですが

年末の大掃除じゃ仕方ないか・・・と諦め

僕はなるべく物音が気にならないように

頭から布団をかぶって、また、眠りにつきました。


        ・
        ・
        ・


それから数時間後、セットしておいた目覚まし時計で

目を覚ました僕は、ある異変を感じました。



「あれ、閉めてたはずの部屋のドアが何で開いてるんだろう?」



何か嫌な予感を感じた僕は

すぐに隣の両親の部屋にいきました。



すると、ひと目で空き巣に入られたのだとわかるくらい

部屋が荒されていたのです。

「あ、昼の物音は大掃除なんかではなく、

 空き巣が部屋を物色していた音だったんだ!



真実を知り、僕が動揺したのは言うまでもありません。



そのあと、110番に通報し、

警官が家に来てくれたことで僕は、冷静さを取り戻せたのですが、




ふとよく考えてみると


 あの時、もし僕が

 『人が寝てるのに、うるさいじゃないか』

 と、お袋に文句を言いに両親の部屋に

 行っていたら空き巣と鉢合わせしていた

 ということに気づいたんです。

 
もし、空き巣が刃物を持っていたとしたら・・・




そう考えると、未だに僕は恐怖で鳥肌がたってしまいます。




※両親とも、その日は出かけており、家族の誰にも
 被害がなかったことが不幸中の幸いでした。




「近年、日本は空き巣の被害が急増している

ニュースなどで、そういうことを見たり聴いたりしても、

「うちには関係ないのない話」と思ってしまったり

「そのうち、何か対策を立てよう」と先延ばしにしてしまったり

してしまう人が多いのではないでしょうか?
(僕もその1人でした)




空き巣はあなたが防犯対策をとるのを待ってはくれません!

被害にあってから後悔しても遅いのです!




空き巣被害を100%防ぐことは難しいかもしれませんが

被害にあう確率を大きく下げる方法はあります。



防犯カメラなどを設置して

「この家は防犯対策に力を入れていますよ」

ということを空き巣にアピールするんです。

これは予想以上に効果がある方法です。



空き巣も捕まりたくはないわけですから、

わざわざ防犯対策している家に入るより

全く無防備な他所の家を狙ったほうがリスクが小さいと考えるからです。



年末は空き巣被害が増えるとよく聞きます。



ぜひ、この機会に防犯対策を考えてみてはいかかでしょうか。




【暗闇でもハッキリ捕らえて強力無線送信!】

 赤外線ワイヤレス防犯カメラ

 13,800円(税込)

 ↓↓↓


赤外線ワイヤレス防犯カメラ【ZT-812A】【eモンズ】
posted by rs at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。